Aromatherapy

 アロマテラピーとは、植物から抽出される精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のバランスを整えたり、美容や健康に役立てる自然療法のことを言います。
 植物は光合成を行うことで、エネルギー源となる糖、タンパク質、脂質などを作り出しています。これを植物の一次代謝といい、この過程で生まれたエネルギーを利用して、自分に必要な物質を作り出します。これを二次代謝といいます。二次代謝で得られたものを二次代謝産物といいますが、精油の香りのもととなる芳香物質はこれにあたります。
 さまざまな二次代謝産物のなかには、顕著な生理活性を示すものが多く、薬理作用や毒性をもつものもみられます。植物の二次代謝産物にはほかに、植物の色素として知られるアントシアニン、茶などの植物の木部、樹皮、種子、葉などに含まれるタンニンなどがあります。

安全な精油の使い方

  1. 原液を皮膚につけないようにしましょう。
  2. 精油を飲用しないようにしましょう。
  3. 精油を目に入れないようにしましょう。
  4. 火気に注意しましょう。
  5. 子どもやペットの手の届かない場所に保管しましょう。


※ 注意すべき対象者

  • 子ども
  • 医師による治療を受けている方や、薬を処方されている方
  • 妊娠中の方
  • 皮膚の弱い方

パッチテストで安全確認を行います。



精油を誤飲した際の応急手当について相談可能な連絡先

公益社団法人 日本中毒情報センター 中毒110番

一般市民専用電話
(大阪)072-727-2499 (無休/24時間対応)
(つくば)029-852-9999 (無休/9:00~21:00対応)


(参考文献)
 AEAJ認定アロマテラピーインストラクター アロマセラピスト公式テキスト